エストロゲンの女性ホルモンへ作用する効果

エストロゲンの女性ホルモンへ作用する効果

エストロゲン,女性ホルモン,バストアップ

 

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンのひとつで、はたらきには乳腺の発達や子宮の発育などといった女性らしく成長することを促す促進ホルモで、エストロゲンがでていることでハリのある乳房になる他に、月経や妊娠があり、肌もつやのある肌になるなどの作用があります。

 

このように女性らしいからだに変化を促すほかに、健康の維持や自律神経、脳のはたらきの促進などの効果があります。しかし、40代を過ぎると徐々に減少してしまい、倦怠感や不眠、うつなどといったさまざまな更年期障害の原因となってしまいます。エストロゲンは男性の体内でも分泌合成されていますが、特に女性は50代を過ぎると更年期障害を発症しやすくなると言われています。

 

エストロゲンの主な効果として、悪玉コレステロールと総コレステロールを抑制し、善玉コレステロールを増やしたり、つやのある肌を保つコラーゲンの合成をすすめる、また血管を拡張し血流が促進されます。

 

健康面では、アルツハイマーや高血圧、高脂血症、心筋梗塞、動脈硬化などの予防にも効果があると言われています。これらのことから、40代を過ぎこの植物性エストロゲンを含む食事を食生活の中にバランスよく取り入れることが大事です。

 

バストアップサプリの口コミ